フェイラー メイン画像

フェイラー

FEILER

歴史と伝統に彩られたドイツ・シュニール織の名門ブランド

FEILER社アはドイツの東部、チェコとの国境近くにあるホーエンベルグに位置し、ワーグナーが建てた祝祭歌劇場のあるパイロイトからも近い、自然と歴史・文化の豊かな地方です。 初代社長エルンスト・フェイラー氏は、厳選された原綿を熟練した職人が何十もの工程を経て織り上げることで創り出される厚みのあるソフトな質感と類まれな吸水性。使えば使うほどに肌になじみ、丈夫で長持ちする品質です。そして、深く美しい発色とひと柄ひと柄薫り高い文化を織り込んだデザインは単なる織物の域を超えた生活の中の芸術品です。 現在はシュニール織を代表する世界のブランドとして確固たる地位を気づいています。 歴史と伝統に彩られたFEILER社のシュニール織は美しい色柄が心を、ソフトな質感が身体を癒し、世界中の人々を魅了し続けています。

厚みのあるソフトな質感と深く美しい色柄のシュニール織

「シュニール」とはフランス語で「(蚕などの)いも虫」という意味で、そのプクプクとした質感がシュニール織の特徴として使われるモールヤーン(モール糸)は、綿100%。綿の品質は気候に左右されるため、FEILER社では130色もの原糸を用い、幾度となく改良を重ねた折機を熟練した職人が操り、何十もの工程を経て、表裏一体の織物に織り上げます。 厚みのあるソフトな質感と比類ない吸水性、深く美しい発色、繰り返しの洗濯にも毛羽抜けしない丈夫なシュニール織は、素材へのこだわりとFEILER社独自の技術に支えられています。