阪神ソース:敬七郎ソース



日本のソース文化の幕開けは、この『阪神ソース』さん!

■ 一世紀以上受け継がれる伝統のソースは円熟された味わい
明治18年(1885年)安井敬七郎氏により日本初のソースが誕生しました。
現在も変わらぬ直火釜製法で作り出されるその味は普通のソースに比べ濃厚ですが、料理や食材の味を邪魔せず、さらに格別にする絶妙なバランスを持ったソースです。

「敬七郎ソース」は明治30年当時のレシピをベースに、現在の厳選された原料で新たに造りだされた一瓶です。もちろん明治時代のソースとは違います。が、当時のレシピを基に野菜や果実に醸造酢・砂糖・食塩・香辛料を加え製造方法も原料も、基本的に当時と変わっていません。さらにこのソースは添加物を一切使用せずに作られています。


※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

阪神ソース:イメージ

 

阪神ソース:イメージ

 

阪神ソース:敬七郎ソース

18.3×4.5×4.5cm

品名

ウスターソース

原材料名野菜、果実(たまねぎ、トマト、りんご、にんじん、ガーリック)、砂糖、醸造酢、食塩、香辛料
内容量200ml
ボトルサイズ

18.3×4.5×4.5cm

注意事項
●賞味期限までの期間が残り3ヶ月以上の商品をお届けいたします。
●色、サイズには多少の誤差があります。ご了承ください。
●ハンドインハンドでは店頭販売もしております。万が一、完売の場合次回入荷までお待ちいただくことがあります。その際はメ−ルにてご連絡させていただきます。

ご不明な点や数量のご相談など、お気軽にお問い合わせください
よろしければこの商品をお友達にご紹介ください